「ちょっと待って!」を英語で

英語 英語
英語

こんにちは、オカピです!

Wait a minute!
(ちょっと待って!)

ちょっと、ちょっと、ちょっと!ちょっと待って!

って焦った感じしますね。

とっさに出る「ちょっと待って!」にもいろんな言い方があります。

Wait …

Waitは「待つ」です。

Waitの後ろ長さを示す言葉を変えてみます。

Wait a second!
(ちょっと待って!)

さっきはa minute(1分)。今度はa second(1秒)。

今、大丈夫ですか?」の「ちょっと」と同じです。

secondを略して

Wait a sec!
(ちょっと待って!)

というのもあります。

Wait a moment!
(ちょっと待って!)

a moment. 一瞬ですね。

もちろん厳密なものではないですよ。

Hold on

Hold on.
(ちょっと待って。)

Holdには「保つ」という意味があります。

「そのままで」という事ですね。

例えば電話や案内で「そのまましばらくお待ちください」の時の「ちょっと待って」にHold onを使います。

Hold onにもちょっとだけの時間を表す言葉を足すことができます。

Hold on a second.
(ちょっと待って。)

Give me …

Give me a sec.
(ちょっと待って。)

こちらは時間をもらう時のちょっと待ってです。
ちょっと時間ちょうだいのイメージかな。

Give me a minute to 〇〇.

で「〇〇する間ちょっと待って。」のように使えます。

Give me a minute to rethink.
(考え直すからちょっと待って。)

Just …

Justです。「〜だけ」という意味です。

これに時間の表現を足して

Just a second.

Just a moment.

で「ちょっと待って」の意味になります。

この表現は動詞が含まれないです。が、ちゃんと待ってという意味になります。

この表現ですがさらにjustを省略することもできます。

One moment, please.
(少々お待ちください。)

ちょっと脱線しますが、別の言語でも同じような表現があります。

Un momento, por favor.

これはスペイン語です。
Un momentoは一瞬、por favorは英語のpleaseにあたります。

Un momento, per favore.

今度はイタリア語です。
Un momentoは一瞬。同じ言葉ですね。そしてper favoreが英語のpleaseです。

全て同じ「少々お待ちください。」の意味です。

一緒ですね〜。言葉って面白いです。

オカピくん
オカピくん

Wait a minute. I’m almost done.
(ちょっと待って。もう少しで終わるよ。)

締切間近かな?

読んでくれてありがとうございます。
それではまた!

コメント

  1. […] 「ちょっと待って!」はWait a minute!でした。 […]

タイトルとURLをコピーしました