まだかな〜、まだかな〜。「首を長くして待つ」を英語で

英語 英語
英語

こんにちは、オカピです!

楽しみにしているもの、いろいろありますよね。

今か今かと待つことを「首を長くして待つ」と言います。

英語で表現してみましょう。

I am anticipating.

Anticipateは「楽しみにして待つ」です。

これを強くしてみましょう。

I am eagerly anticipating.

Eargerlyは「しきりに」や「切に」と言う意味です。

英語の表現では動詞とともに副詞を使って、「どう〇〇する」なのかを表すことで強めたり、柔らかくしたりできます。

こんな表現もできます。

I am irritably waiting.

Waitは「待つ」です。
Irritablyは「イライラと」「カリカリと」です。

これも今か今かと待っている感じです。

待つものが試験の結果だったらどうでしょう。

I’m anxiously waiting for exam results.
(不安な気持ちで試験結果を待っています。)

余裕な気持ちで待てるといいですね。

I’m so looking forward to it.

「とても楽しみにしていますよ。」と言う意味です。

楽しみに待っていることが伝わります。

I am awaiting your reply.
(お返事をお待ちしております。)

I await your arrival.
(到着をお待ちしております。)

Awaitも「待つ」の意味ですが、Waitよりも何かを「待ち構えている」感があります。
丁寧でフォーマルなニュアンスを持つ時もあります。
伝え方によっては「首を長く」よりもかたい印象を与えることもあるかもしれません。

こんな言い方も。

Can’t wait!
(待てない!)

もう待ててないですね。「待ちきれない!」のニュアンスです。
さっきのawaitの表現とかわってカジュアルに伝えることができます。

オカピくん
オカピくん

Simba from “The Lion King” said, “I just can’t wait to be king.”
(『ライオン・キング』のシンバは「王様になるのが待ちきれない」って言ってたね。)
Go for it until we get there!
(たどり着くまで頑張ろう!)

そうだね。Pump up!

読んでくれてありがとうございます。
それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました