「今日はここまで」を英語で

英語 英語
英語

こんにちは、オカピです!

勉強や仕事、今日はこれで終わりって時には

That’s all for today!

(今日はここまで!)

といいます。

allは「全て」for today「今日の分」

all for todayで「今日の分全て」の意味です。

That will do for today.

これも「今日はここまで」です。

will doは「間に合う」というような意味があります。

Thatが指すのが、「ここまで」で「今日の分はこれで十分」というニュアンスです。

「十分」を表すenoughを使って

That’s enough for today.

これも「今日はここまで」の意味になります。

最初に出てきたThat’s all for today.と似ていますね。

「全て」なのか、「十分」なのかの違いです。

I will leave off here today.

leave offで「やめる」です。

「今日はここでやめます」→「今日はここまで」と表現することができます。

今日はここまでにして、続きは明日にしよう、です。

こんな言い方もあります。

Let’s call it a day.

そのまま訳すと「それを1日と呼びましょう」ですね。

call it a day 「それを1日と呼ぶ」→「ここまでで丸一日と数える」→「ここまでにしよう」という感じで「切り上げよう」のニュアンスがあります。

もうひとつ、こんな表現もあります。

That’s a wrap for today.

wrapは「ラップ」です。

あの食品などを包んだりするプラスチックのアレなんですが、

That’s a wrap.

で「おしまいです」という意味になります。

この言葉はもともと映画や舞台、その他制作の現場で使われていた言葉のようですね。

wrap upで「終わる」という意味です。

なので

Let’s wrap up for today.

でも「今日はここまで」です。

同じ単語で離れた意味になる単語って面白いですね。

オカピくん
オカピくん

That’s a wrap for today! See you soon!

(今日はここまで!またすぐに会いましょう!)

読んでくれてありがとうございます。
それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました